上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.09.19 選手生命
自分の就職先には野球部があるけれど、そこで野球を続けていくかはまだ決めてない。高校のときに故障した膝がだんだんひどくなってきていることもある、しかし一番の悩みは野球を続ける理由がないこと。「野球が好きだから」、それはもちろんあるけれど、大学で野球を続けたのには他にも理由があったから。

小さい頃から甲子園にあこがれていて、小学生のときも将来の夢はプロ野球選手ではなく「甲子園に出ること」だった。結局甲子園に招待するという校長先生との約束は果たせなかったけれど。中学では強豪(?)でそれなりに結果も出したけれど、あくまで目標は甲子園だったし、高校でも何の迷いもなく野球を続けた。甲子園に手が届く気がした、でもそれは実現しなかった。

大学に入り野球を続ける決意をした。理由は最後に笑って終わるため、高3の夏に残してきた自分自身、そして失った記憶を取り戻すため。中体連については実家に(中体連の)スクラップブックが1冊あることもあって15試合のほとんどを覚えているんだけれど、高校の最後の1試合についてはほとんど記憶がない。夏の独特の雰囲気、攻撃で4点取ったはず、最後は三遊間を抜かれたはず、相手の校歌をベンチ前で聞いたはず、…。断片的な情報はあるものの、ストーリーとしてつながらない。小さい頃から甲子園を目指してきた野球選手としての自分は4年前の島田球場のマウンドから動けなかった。

準硬で野球を続けてその答えは出たし、目的は達成された。最後に笑って終わることができた。失ったものは取り戻せないことがわかった。大学でそれなりの結果が出たとしても、楽しく野球ができたとしても、充実した日々であっても、あの夏の記憶を取り戻すことはできない。そして高校球児のおれは今もあの島田球場のマウンドに立ったままだ。それはもうどうすることもできないこと。

おれの野球人生は大学からまた新たにスタートした。大学野球を終えて、この先はどうするかはまだわからない。
ようやくつくばに戻ってきたものの、一昨日は誕生日会のため、昨日は台風のため記事が書けず(>_<)とりあえず、関甲信の報告から。試合、鉄道、街並み、宿泊ハプニングに分類して書こうかなって思ってます。TXと誕生日会についてはまた後日。しばらくタイムラグのあるブログになりそう。

今日は試合について。

初戦は茨城大を相手に11-10、準決勝は千葉大を相手に9-8、そして決勝は群馬大を相手に7-4で勝利し、見事2連覇達成!!関甲信はトーナメントだからとにかく勝てばいい!次につながる負けなんてものはトーナメントには存在しないから。
ただ、試合内容はやはり気になる…。全体的にいえるのはあらゆる場面でやさしすぎること。攻撃に関しても守備に関してもそうだし、味方にも相手にもやさしいと思う。
具体的に気になった点をいくつかあげると、
・ひとつの塁を進める(あるいは進められる)重要性をもうすこし考えるべき
走塁では2つ進めるところを1つ進んだだけで満足しているようじゃダメ。「塁を取るにはどういうところを狙うか」を考えていれば、守備のときにも「塁を取られないためにはどうするか」がわかる。カバーリングのミスなども防げるはず。
・エラーを区別すること
野球をやっているうえでエラーが出るのは仕方がないこと。でも、果たしてそれが本当に「仕方ない」エラーだったのか?技術不足によるエラーは仕方がない。練習して上手くなって取れるようにするだけ。ただ、状況を考えずに無理をしたり、やるべきことをやらなかったりしたのは許されないこと。そういうときはベンチももっと厳しく指摘してやるべき。もちろんエラーの区別ができなければ励ますべきか怒るべきかわからないけど、「声を出す」ってのは本来そうあるべきで、きちんとした理解ができていなければ意味のある声なんて出せないし、声を出していくことで正しい知識が身についていくはず。
・間の取り方を覚えること
この大会でも、一度流れが悪くなるととめられなくなって、いくつものミスが重なって大量失点という場面があった。タイムをとることは次のプレーの確認につながる。さっきと同様にタイムを取るべきところを見極めるのもやはり野球に対するきちんとした考えがなければできないが、そういったところを乗り越えれば力になる。

とりあえずこのくらいかな?
いろいろ書いたけど、やっぱり優勝した瞬間は感動したし、できればこのまま3連覇してもらいたいもんだね。
秋のリーグ戦を楽しみにしてます☆
2005.08.16 対決!!
静大vs筑波を野球観戦、しかも2試合。筑波には高校時代の先輩が2人、静大にはうちの代のキャプテンがいるとあって今日は静岡からOBと父兄さんたちと合わせて10名以上が観戦に来た。高校の監督までもが観にきてたことにビックリ。しかし観客席は暑すぎる!日陰がない上に、自販機すら近くにない状態。。。
第1試合は筑波がエースを投げさせる。静大の先発投手が立ち上がりに苦しみ、初回に6失点。これが結局最後まで響き、11-1で筑波が勝利。第2試合は8回終了して両チーム無得点という投手戦。特に静大のエース(なぜ第2試合?)はスライダーが切れててよかった。9回に筑波が1点を先制するものの、その裏静大は2死1,2塁から逆転サヨナラタイムリー2塁打が飛び出し、1-2xで静大が勝利。
第2試合の6回、筑波にいる東高の先輩がマウンドへ。1死後、打席にはうちの代のキャプテンが。先輩は1年の時からエース、うちのキャプテンは1年の秋から正捕手ということで2年間組んだバッテリーによる対決。静岡からはるばるやってきた皆さんにとっては願ってもない対戦。結果はインコースのストレートで見逃し三振だったが観客席にいる全員がこの対決を楽しんだ。
野球を見て楽しかったって感じられたのは久しぶりだな。明日も楽しく試合が見られますように。
今日から甲子園が開幕。明徳義塾にかわって高知が甲子園に出場することが決まった。率直な感想を言うと、高知のメンバーがかわいそう。一度は大会が終わってしまったのに、また甲子園で試合をやってこいと。こんな状況で甲子園に行っても素直に喜べないと思うし、試合への入り方も難しい(相手も相手だし)。明確な目標がないと、何のために野球をやるんだろって思ってしまう。
出場校によって甲子園に出場することが目標のチームから、全国制覇が目標のチームまであるけれど、甲子園でしっかりとモチベーションを保ちながら試合を続けることは大変なことだと思う。いくら全国優勝が目標でも、甲子園にきたらある程度の満足感が得られてしまうのは確かなことで。

自分が中学のときは県大会優勝が目標だった。秋はあと一歩のところで県大会出場を逃し、春は県ベスト4どまり。最後の夏も県準優勝で県制覇はできなかった。準優勝までは東海大会に進むことができるんだけど、自分にとっては県大会がすべてだったから、モチベーションがあがらなかった。自分がずっと目標としてきた県大会はすでに終わってしまい、結果を覆すことはもうできない。しかし、現実には東海大会へとまだ試合は残っているわけで…。自分にとって東海大会は「おまけ」でしかなかった。1回戦で負けたけど、涙は出なかった。高校球児はなにを思うのだろう。
2005.08.05 遠征
高校野球でよく思い出に残っているのは、やはり遠征や合宿でのことが多い。うちの高校は遠征や合宿が多く、全国の強豪とも試合をすることができた。
7月に新チームができて、
7月:合宿①
8月:茨城遠征
11月:愛知遠征①
3月:合宿②、愛知遠征②
5月:山梨遠征、三重遠征
6月:合宿③
7月:県予選開幕
というような内容。
山梨遠征では甲府商に1日で40点以上取られたり、三重遠征では桑名西を相手に7回途中まで一人もランナーを出せなかったり。やっぱり県内の高校とは違ったレベルを感じることができて、すごく刺激になった。
明日から8日までは茨城遠征。例年だと常総とか水戸商とやるはずだけど、今年はどことやるんだろ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。