上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.10.24 連戦
昨日はyusuke、ちーちゃん、ひろかず、よしとともに
硬式の試合を見に相模原球場へ。
高校の先輩であるHさんとSさんにとって最後になるかもしれない試合。
Hさんはベンチスタート、Sさんは7番でスタメン。

硬式の試合を見るのはこれで2回目。前回は今年の春のリーグ。
あのときも今回と同じ城西戦。見事な逆転勝ち。さて今回は?
試合は投手戦というよりも貧打戦という言葉のほうが当てはまる試合。
両チームともランナーが出ても得点の気配はなし。
1-1から終盤に追加点をあげて4-1とリードするも、
9回2死から4-4に追いつかれ、結局延長14回で敗れる。
Sさんは内野安打1本に2四球。
Hさんは1回から準備、結局14回まで準備を続けるも出場ナシ。
なんか不満と疲れの残る試合だったね。
硬式の試合には、東高の私設応援団が来ていたので挨拶へ。
「今日はどうしたの?」
「部活の仲間と見に来たんです」
「今日は彼女と一緒じゃないの?」
ん?自分には前から彼女なんていませんけど。
どうやら前回一緒に来た友達のことを彼女だと勘違いしてるみたい。
その友達は忙しいようで、今回は予定が合わなかったのです。
それにしても女の子と2人で行っただけでそう見えるものですかね?

とにかく翌日の準硬の試合に期待して、疲れと眠気と不安とともに帰宅。
夜に研究室へ向かい、上柚木の場所をチェック。
そして今日。たくやと2人で6時発。睡眠不足は否めない。
予想通り(?)場所を確かめてなかったドライバー。
上柚木球場が載ってない地図を片手に出発。
途中首都高で渋滞に巻き込まれたものの、試合開始の10分前に到着。
試合観戦はHと3人で。
時にはビデオを撮りながら、時にはスコアを書きながら。

試合開始。鮮やかな先制攻撃で2点先制。
しかし2回、死球、犠打、野選、暴投でピンチを招き、同点にされる。
3回に逆転されるも、中盤に追いつき、勝負は終盤へ。
終盤の攻撃は非常に単調。なにか工夫してもいいのに。
嫌な流れの中、同点で迎えた9回裏。失策、野選、犠打。2回と一緒。
満塁策のあと、犠牲フライを打たれて試合終了。サヨナラ負け。
結局あさっての最終戦まで残留決定は持ち越し。
国学と筑波。今までずっと2部を引っ張ってきた両チーム。
この両チームで最下位争いとはもう時代が変わってきたのかもしれない。

なんだかんだで疲れだけが残っていった連戦でした。
準硬ブログはもう少しでできる予定です!!
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。