上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.07.01 準硬の思い出
アクセス解析を見るとこないだの準硬の4年飲みの2次会でこのブログを開いたみたい。4年のみでは引退したこともあっていろいろなことを思い出した。いくつかあげると、

1番印象に残っている試合
去年の春の中央戦。1部でも自分たちの野球ができるようになったころだったし、中央っていうチームは1年のときから特別な意識を持っていたチームだったから。それに試合内容もよかった(負けたけど)。あとは去年の秋の亜細亜戦(延長)もなかなか印象的だった。
準硬でのベストピッチ
たぶん2年の春の城西戦だと思う。あのときは4回くらいから完封できる気がしてた。あと去年の秋の国学戦、1年の夏の専修戦も結構よかったかな。
きつかった試合
去年の春の国士舘戦、2年のときの国学戦(延長13回完投)とか、去年の関甲信の決勝とか。
準硬で1番よかったバッティング
1年の春の関甲信のとき(大学公式戦初打席)のレフトオーバーの2塁打。そういえば高校の時も初打席は右中間の3塁打だったんだよね。
珍しいシーン
2年の秋の駒沢戦の振り逃げでサヨナラ勝ち、国士舘戦のショートでスタメン(人生初?)もなかなか珍しいこと。ずっと内野やってきたけどショートでスタメンってのは記憶にない。

いろいろあったけど、一番感じているのは「楽しかった」ということ。準硬で野球ができて本当によかったと思う。現役の部員にも「楽しい野球」を表現してもらいたい。

遅くなりましたが、野球を続けさせてくれた両親をはじめ、準硬の仲間、そして準硬を見守っていたた多くの関係者の方に感謝の意を表したいと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://misby2tetsuya.blog14.fc2.com/tb.php/9-f1d265eb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。