上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.08.30 初TX!
先週の水曜、誕生会に間に合わせるため、朝6時に実家を出る。いつもどおり東静岡から東海道本線にのり、熱海で乗り換えて東京駅へ。いつもなら八重洲の高速バス乗り場に向かうが、今回は山手線で秋葉原へ。目的はもちろんTXに乗るため、開業日だしね。
JR秋葉原駅から、地下に入り、TXの秋葉原駅へと向かう。目の前には長蛇の列が。どうやら記念切符のようだが、普通の切符買うのにあれだけ並ぶことはないよなぁって思ってると、すぐ渋滞。どうやら普通の切符売り場までもかなり混んでる様子(>_<)結局切符を買うのに20分もかかってしまった。改札を抜け、ホームへと向かう。区間快速に乗り、つくば駅を目指す。
tx1

快速はもはや通勤時間の山手線状態だったので、その後の各駅停車を飛ばし、さらにその1本あとにある区間快速に乗車。各駅停車はこんな感じでだいぶ余裕がありますが、快速はドアが閉まる前に「押し込む」必要もあったみたいです。
tx2

電車に乗ってビックリ。乗客の構成を見ると約4割がおじいちゃんとおばあちゃん、約4割が子供連れ、約1割がビジネスマン、残りはその他。おそらく開業当初だけの現象だとは思うけど。電車は地上に出た後、のんびりとした田園風景の中を走る。来年からTX沿線に住もうと考えている自分は、車窓から住宅探し。これがまったくみつからない。電車から見えるのは駅前に開発された住宅地、赤土剥き出しのただっ広い土地、必要以上に広い道路。集合住宅なんてありませんでした。
乗った感想はというと、とにかくゆれが少ないし、静かだった!利根川を渡る鉄橋を渡るときもほとんど音はしなかったし、発車、停車時のゆれもほとんど感じない。それほど混んでいなければかなり快適だと思います。1時間ほどでつくば駅に到着。駅前に出るとなんかいつもと雰囲気が違う。人口密度が違う、年齢構成が違う、いろんな色が見られる、いろんな音が聞こえる。以前はどちらかというと画一的で、同じような人ばかり(イメージで言うと白一色)だったのに今はいろんな人がいる。駅ができる、街になるってのはこういうことなんだろうね。大学生ばかりでなく、小さい子供からお年寄りまでさまざまな人が行き交う場。それが本来の街の姿。

TXができてつくばの街に秋葉原にいるような人が多くなった、それは秋葉原からつくばにこれるようになったからだという人もいる。でもおれの考えとしてはすこし違う。確かに秋葉原にいるような人が多くなったのかもしれない。でも、そういう人が秋葉原からつくばに来るようになったのではないと思う。なぜなら、彼らにとって秋葉原は聖地とも言える存在であり、わざわざ聖地を捨ててまでしてつくばまで来る必要がないからである。おれの見解としては、もともとつくばにいてポテンシャルを持っていた人がTX開通によって開花した、あるいはTX開通によって堂々と街を歩けるようになった、というもの。どちらにしてもTX開通でいままでの街づくりが失敗しなきゃいいけど。

どうも最近経済や都市計画の話が多いよなぁ。自分の専攻でもある経営工学の話はまったく出ていないのに…
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://misby2tetsuya.blog14.fc2.com/tb.php/57-5558eac1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。