上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.27 区間○○
先週の土曜の日経プラスの記事に、「快速と急行どちらが速い?」という記事が。
確かに私鉄は勝手に名称つけるからわかりにくい。
入れ替え戦の時に乗った東武伊勢崎線なんかわかりにくくてしょうがない。
特急、快速、急行、準急、区間快速、区間急行、区間準急に各駅停車。
ホームに立ったところでどの列車に乗ればいいのか全くわからない。

でもちょっと思った。TXっておかしくないかな?と。
快速と区間快速。この時点では特に問題はないように見える。
でも区間快速ってのは「区間的」に「快速運転」するもの。
TXの路線図を見ると、区間快速で快速と同じ運転形態をとる区間は、
「秋葉原~六町(通過)」と、「南流山~流山おおたかの森」のみ。
これで区間快速っていえるんですかね?
どちらかというと快速より少し遅い、というイメージなので、
急行と準急にしたほうがよかったような気がするけど。

東上線には逆のことが言える。
東上線の車種は、特急、急行、通勤急行、準急、各駅停車の5種類。
平日1本も運転がない特急はほうっておくとして、一番の問題は準急。
準急は起点駅の池袋を発車したあと、その後8駅を通過。
(北池袋、下板橋、大山、中板橋、ときわ台、上板橋、東武練馬、下赤塚)
成増をでたあとは終点まで各駅に停車。準急と各駅停車との違いは、
池袋⇔成増間にある8つの駅をすべて通過することのみ。
これこそ「区間的」に急行運転してるんじゃない?
車種の判別もISOとかJISで統一してもらえると助かるんですが。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://misby2tetsuya.blog14.fc2.com/tb.php/253-1f380120
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。