上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.07.13 If ...(2)
「投手はやりたくないのか?」
監督に質問されたのは高1の春だったと思う。中学ですこし投手をやっていたこと、高校に投手希望の選手が少なかったことから、1年生試合などでは内野と投手と両方で出ていた。
その質問に対して、「投手としてやっていくことは考えていません」と答えた。理由は県大会に出たとはいえほとんど登板機会のない2番手で(しかも投手をはじめたのも県予選がはじまってから)、高校で投手としてやっていく自信がなかったから。秋までは控えの内野手としてプレーしていたけど、シーズンの最後の練習試合でたまたま投手として試合に出るチャンスがあった。結果、内容ともによかったため、2年の春からは自然と投手としての起用になっていた。
いつのまにか試合出場は投手だけとなり、練習内容も投手用のメニューを消化するようになっていた。投手1本に絞りきれたのは高2の秋から(それでも内野での出場があったんだけど)。本格的に投手をやっていた期間は5年ほどしかなく、内野としての経験のほうが長い。大学では投手として結果を残すことができた。
もし、高校に入ってすぐ投手としてやっていこうと思っていたらどうなっていただろう?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://misby2tetsuya.blog14.fc2.com/tb.php/18-498491bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。