上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.01.08 原点回帰
卒論とは、誰が見てもわかるように書くもの。
でも、それじゃ本来の研究の魅力が損なわれてしまう気もする。

もともとおれは数学が得意な方ではない。
今に始まったことじゃなく、高校からずっと。
それでもこの最適化の分野は面白い、やってみたいと感じることができた。
それは数式だけですべてを語れるところに魅力を感じたから。
日本語なんてなくとも、意味はすべて通じる。問題も解ける。
人間の合理的行動なんて、そのほとんどは数式だけで表現できる。 
ナップサック問題をはじめとして最短経路探索とかも数式のみで問題を定式化できる。

もう一つの魅力は無限の広がりとでもいったところ。
巡回セールスマン問題みたいに膨大な計算量とか。
それも最適化の一つの魅力。

こんなページがありました。巡回セールスマン問題についてとてもわかりやすく
書いてあったので紹介させていただきます。
巡回セールスマン問題
難問のリンクから解説に進むことができます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://misby2tetsuya.blog14.fc2.com/tb.php/150-4879e886
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。