上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.12.07 R講座?
平のコメントに長々と書く訳にもいかないので、こちらで。
S言語も R も SPSS と同じく統計のためのソフトウェアです。

エクセルならアドイン→分析ツールである程度のことはできる。
分散分析、回帰分析、仮説検定、など。

S言語 ( Splus ) はあの有名なベル研が統計のために開発したソフトです。
RってのはSの無料版だと思ってもらっててかまいません。
イメージとしては「何でも計算できる関数電卓で、グラフも書ける」
SPSSもSもそれなりに高いので、Rは無料で持ってて損はないはずです。
R(S)は、それ自身が持ってる関数を参照することもできるし、
自分で関数を作ってしまうこともできます。
おれらにとってはグラフが簡単に TeX に挿入できるのもうれしい。
SもRもかなり高性能で、x と y の散布図を書きたいってときなんかは、
plot(x,y)
と書くだけで十分。いちいちメニュー→グラフ→…などとやらなくてもいい。
ほかにも、
・一元配置の分散分析
my.oneway.ANOVA(n, m, u, equal=TRUE)
・重回帰分析
mreg(dat, func.name=c("solve", "ginv"))
など。
「魔法の言葉」などといってますが、ほんとに意味をしらなくても分析できちゃう。
Rのユーザは世界中にたくさんいるので、詳しいことは調べればいくらでも出てきます。

SPSS に関しては naga が使ったことあるはずだよ。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://misby2tetsuya.blog14.fc2.com/tb.php/128-b4af37ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。