上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.01.31 大迫力の熱戦
昨日は発表後にうおっぱで食事。
その後、勢いから研究室にてウィイレ大会。
発表用のプロジェクタ使って、ホワイトボードに映し出して。大画面もいいとこ。
こんなことばっか書いてると、ほんと遊んでる研究室じゃないかと思われそうだけど、
うちの数理計画系は経工の中でもかなり厳しいことで知られてる。
ただ、厳しくゼミをやる一方で、縦も横もつながりも強いし、みんな仲が良い。
そして、遊ぶときはきっちり遊ぶ。そういうところがここの魅力。

今年から卒業研究の論文集をつくるらしく。
タイトル18pt、本文は9ptで明朝体、とかいろいろ細かい。
そのテンプレートを配布してくれたんだけど、doc形式のみ。
TeXで書いたという少数派は今更Wordなんかで書けるか!ってことで猛反発。
どうせならTeXのスタイルファイルも作ってくれ!
WordからTeXなら比較的簡単だけど、逆は正直いって無理。
結局指示を無視してTeXで書くことにした。
テンプレートに似ているスタイルファイルを自分たちで作成。
1ページあたりの文字数とか、文字サイズとか多少違うけど、
それはTeXのスタイルファイルを作らなかった方が悪いってことで。

発表用レジュメとパワーポイント、卒論の概要と本文。
とりあえずすべてpdfファイルにて保管中なので、もし興味があればどーぞ。
もちろんtexファイルで欲しいという人にも。
texファイルはかなり苦労したので一見の価値ありだと思います。
スポンサーサイト
2006.01.30 甘くない。
ようやく発表も終わりました!
先生方から寄せられたコメントも就職する4年生ということで甘め(笑)
質問されたことも予想してた範囲内だったしね☆
発表が終わり、じゃあそれで全部終わりかというとそうでもなく。

第一の課題。
卒論を修正して明日までにメールでpdfファイルにて提出。
卒論提出からの1週間弱で研究内容すら変わってるおれ。
というわけで、明日も1日忙しくなりそう。。
2006.01.29 発表練習
昨日は発表練習。辛口批評で有名なうちの先生に見てもらう。
まず、タイトルが間違っているという考えられないミスから始まるも。
結果はまぁまぁ。ただ13分かかったから、「まき」でと。

同じ研究室の友達の研究内容を初めて知る。グラフ信頼性問題について。
単純グラフであり、完全グラフではないグラフ G = ( V , E , w )が与えられたとき、
それをr次元ユークリッド空間上で表現できるかどうかを扱う問題。
グラフネットワークをユークリッドにする研究もなかなか面白い。
n次元より低いr次元で実現するというのが特徴。2次元で実現するMDSとの違い。
アダマール行列とかアダマール積とか使ってやってた。
大学院にいくならグラフ理論やりたいと思ってるけど、院に行けるかどうか。

論文は誰でもわかるように書くべき。でも発表はそうはいかない。
とにかく勉強してきたことを教員陣に伝えなきゃならない。
特に、うちの研究室は研究内容のせいで聴衆を選ぶ傾向にある。
今回の発表はロバスト、アルバイトのシフト割当問題、グラフ信頼性問題。
ノルム、 IP、グラフ理論、SDPあたりがわかってないと発表もわからない。
おれの発表も正規直交基底、LPなどが出てくる。
よくよく考えれば、全員に伝わる発表をしなくてもいいわけで。
数学がわからない人は理論部分でどんどん置いていく。そして、わかりやすい図を出す。
このギャップで攻めるしかないかな。
とりあえず卒論提出。あっけなく終了。完成度は8割ってとこか。
電子ファイル提出まではもう少し時間あるし、発表が終わってから校正しよ。
文字数はだいたい7,000字。これでも研究室内ではダントツの文字数の多さ(笑)
でもjsarticle環境でA4にして31枚あるから別に少なくはないよ。
友人の卒論はわずか2日間で0が100に仕上がるという奇跡。

論文提出より発表のほうが断然重要!
その大事な発表は初日の最後から2番目に決定。
これからパワポ、発表用レジュメ(なぜかA3指定)の作成。

体育は2月いっぱいまでやることが判明。4年も参加しろと(>_<)
... 続きを読む
あー明日までに証明がー。

S研みたいに天から証明が降ってこないかなー。
2006.01.23 逮捕
これでlivedoor blogユーザがどういう反応を示すか。
もともと評判が良い方ではなかったし、乗り換える人多そうだね。

ユーザ数の多い excite , yahoo , FC2 , ヤプログ、楽天あたりの争奪戦か?
2006.01.22 白紙回答
卒論の初稿がようやく返ってきた。
初稿は書きかけのままだったけど、先生からは、「このまま考察を加えてください」と。

でもよく見ると、あるはずのものがない。それは赤ペン
表紙の隅に考察を付け加えること、図の解説をいれること、と書いてあるのみ。
ほかの3人は添字とか変数の表記まで指摘されてるのに。
別におれがそんなに正しく書いているわけではない。
なにせ間違ってることを知りながら直さずに出したんだから。
まさかスルー??
先生がおれの研究に対してはかなり余裕を持っているのがすごく気がかり。

そしてまた一つやらなければならないことが判明。
... 続きを読む
卒論に使ったファイルの拡張子:
doc , xls , txt , tex , pict , eps , pdf , ps , dat , sty , bbl , aux , log , toc
lof , lot , dvi , blg , ppt , bmp , smp , exe , mos と。
わかっているだけでもかなりの数。

月曜に15枚しかなかった論文は現在29枚。
かなりのハイペースで増殖中。
でもまだ完成度は70%前後かな。
発表は1日目の午前になりそう。
なんか嫌な予感もするけれど。
2006.01.20 1/46
明日からセンター試験。
大学は立ち入り禁止、ですが無視。研究室は余裕で入れる。あ、端末も。

センター試験の会場ってどうやって決まってるんだろ?
例えばおれが通ってた高校は毎年センター試験の会場となってる。
全国で試験会場となる公立高校は46、そのうちの1つ。
使い慣れた校舎で受けれるからいいという意見もあるけれど。
実家から最寄りの大学まで約2キロ、高校までは約10キロ。
それでも10キロで済むだけまだましか。

準備だって面倒くさい。机の中を空にして、掃除をして、机を並び替えて、…。
もちろん受験生がそんなことやるはずもなく、下級生の仕事ですが。
しかし、なぜあんなところがセンター試験の会場になれるのかよくわからない。

交通の便が良い?
否、最寄りの駅からバスで約30分。もっと便利な場所にも学校はある。
設備が良い?
否、築40年で採光も風通しもよくない。全校生徒のアンケートによる
「この学校ここだけがキライ」はダントツで「地震でつぶれるから」との回答。
人がたくさん入る?
否、全校生徒1000人ほどの普通の高校。教室の数もそれ相応。
権力がある?
これはわからないけれど、学力だって全国的に見れば平均くらいだし。
同じ市内にある某県立高校なら権力ありそうだけれど。

おれが考えなきゃいけないのはとにかくあと5日ってこと。
図をひたすら圧縮し、1.6MBあったファイルを800KBまで軽量化。
それでもなんとか26枚までこぎ着けた。30枚は超えるかな??
ゆっくり本を読む時間が欲しい。読みかけの「砂の器」が気になる。
東北弁の「カメダ」の謎は未だに解けてない。
砂の器も逃亡者も少し前の作品だけど、情景の描写で時代の差がわかる。
東京郊外の雰囲気とか、景気の動向だったり、時の流れを感じながら読める。

本の中ではやっぱり小説が好き。自分の世界に入り込めるから。
小説の中でも読むのは推理小説が多いかな。
短編集はあまり好きではないし、主人公が細かく切り替わる本も苦手。
そうやって考えると、おれにとって推理小説は「はずれ」が少ないのかも。

小説だったら1冊の本をだいたい3回は読む。
1回目は普通に読む。
結末を知った2回目はところどころに隠されてたターニングポイントを探しながら。
こうして読むとまた新たな発見ができるんだよね。
2回目を読み終わった後にあとがきをよく読む。
そして3回目は作者の生い立ちや文章表現に気を配りながら。
比喩や擬態語なんかは作者の違いが一番出るところ。
同じ作者でも年齢とともに少しずつ表現方法が変わってくるし。

実用書とかも読むけど、1回読めばだいたい終わっちゃうんだよね。
というわけで、いい小説あったら教えてくださいな☆
... 続きを読む
茨城GGが、今春からさくら運動公園野球場で試合を行うようです。
ってチャリでいけるじゃん!!

記事はこちら

千葉マリン、フクアリ、埼スタでの大宮の試合(浦和の試合は疲れるから)
セーフコフィールド、フェンウェイパーク、エンジェルスタジアム
オールドトラフォード、ハイバリー
サンシーロ
カンプノウ
全部行ってみたい。。
昨日でバイトも一段落。来月まで休みをもらって卒論モード。
いやぁ、今週は水曜も日曜も何もなくてよかったわ。
何もないことにビビってる最近。気を抜いたら最後。疑心暗鬼。
「このままでおわるはずがない!ラッシュはいつくるんだ?」
甘い考えを裏切られる疲労感より取り越し苦労であったほうがマシ。
バイトの最後に、2月中でやめる意向を伝えて。なんだかんだで2年半か。

卒論も何度方針転換をしたことか。とにかく欲しいデータがないのが痛い。
この卒論を心から理解してくれる人なんているのか?

社工の卒論の標準字数24,000字。これも完全に無視。
論文の字数なんて研究の質とは関係ないよね。
「字数」っていうもの自体がすごく曖昧なもの。
例えば、x∈Rn , Σxij とかは何字になるんですか?
それに、現在2,000字前後だけど、すでに枚数は15枚前後。
24,000なんて超大作かけるわけないし。

あと9日!!
もう少しお金使うところを考えようよ。

特にF棟。まずはF棟のエレベータ。
閉ボタンを押すとたまにドアが開く(もちろん閉じるときもある)珍しいエレベータ。
階数表示も消えているから、上に行くんだか下に行くんだかわからない。
その上、3台のエレベータが連動せずに好き勝手に動いてる。
どのエレベータが一番早くつくのかまったくわからない。
エレベータに乗るごとに運試し。一喜一憂。
よく見ると検査証は有効期限が平成16年10月だし。
そりゃ1年以上放っておいたら誤作動もしますよ。

昨日の雨でE棟とF棟を結ぶ廊下には雨漏りしてるし。
雨漏りのする大学の校舎なんて聞いたことないんですけど。
2006.01.13 睡眠障害
研究室で寝るとなんであんなに気持ちいいんだろ?
あのソファベッドのせい?それともクッションか?
あるいは部屋のベッドが寝心地が悪いというのもあるかもしれない。
どうも部屋のベッドに入ると、いろんなことが頭に浮かんでしまって眠れなくなる。

昨日もそう。過去数年にわたって同じ疑問を何度抱いただろう。
別に考える必要もないこともわかってるんだけど。

他人を認識するときには、常に自分との関わりを意識する。
その人が自分とどういうつながりがあるのか。
定義付けとかクラスタリングといってもいいかもしれない。
それは部活の仲間だったり、学校の仲間だったり、バイトの仲間だったり。
それぞれのクラスターはある範囲内の心理的距離を持つ。
あるいは心理的距離に応じてクラスターが生成されるのかもしれない。

どうしても分類できない人が1人。
名義上の関係と、実際の心理的距離との差が大きい。
おれにとってあなたはどんな存在?
あなたにとっておれの存在とは?
好きな人についてこれだけ考えられたらそれは幸せだと思うけれど、
残念ながらそんなわけもなく。
ただ意味もなく悩み、結局いつも答えは出ず、また悩む。
普段はだらしない社工の学生。最近思うのは意外と流行に敏感なこと。
いや、ファッションとかじゃなく、主に経済とコンピュータに関してだけど。
経済、数学、デザイン、建築とか幅広くやってる社工だけど、
もともとそういう部分では共通した部分を持った集合なのかもね。

2006年の動向を予想。

景気は回復傾向。踊り場からは脱却した感じ。個人消費も上向き。
ただ、本格的な景気回復にはあと2~3年かかるかな。
日銀の量的緩和政策がいつ解除されるのかがひとつの焦点。
オリンピック、ワールドカップの成績も少し影響しそう。

MNPは法人顧客では大きな影響が出ると思う。個人顧客はちょっとわからない。
おれは意外と個人顧客は影響が少ない気がするんだけどね。
あとはブルーレイ vs HD-DVDもそろそろユーザから答えが出る頃か。
電子マネーの普及で新たなサービスの可能性あり。

こんなところかな?
あと一つ、個人的に興味を持ってるのがコンビニ。
... 続きを読む
おれにとってこの冬初めての雪。
雪が降ると多少テンションがあがる。多分小学校のときの記憶のせい。
通ってた小学校では雪が積もると、ときどき授業中止にして、外で遊んでこい!となる。
もちろん雪の影響で乾燥から少し解放されるのもうれしいけどね☆

昨日は定休日のはずの月曜だけど特別に営業。
臨時営業であそこまでお客さん入ったら、そりゃ自らの非を認めざるを得ません。
そういうわけなんで、おれと組む方はそれなりの覚悟をもってくださいまし。

まぁなんとかバイトが終わり、研究室でゼミの準備をした後、帰宅。
3時頃にやっていたH2の再放送を何となく観る。
... 続きを読む
2006.01.09 波乱の幕開け
新年早々バイトは日曜日から。
平日でウォーミングアップしてから日曜を迎えたかった。

全く店内の状況を把握できないくらいの状態。
覚えてるのは、
・灰皿に醤油をためたやつがいたこと。
・わけもわからず電話でキレられたこと。
 おかみさんによると、どうせいったってわかんねぇんだからとりあえず謝っとけ!と。
・常連さんと一緒にいる女の人がかわったんじゃないかという疑問を持ったこと。
・「常連」をかたる家族連れに絡まれたこと。
 竜ヶ崎から2ヶ月に1度くらいじゃバイトの記憶にはほとんど残りませんよ。
 週に1度くらいくるお客さんならだいたいわかりますが。

そして最後に、ひげタオルが営業開始日をしっかりおさえていたこと。
2006.01.08 原点回帰
卒論とは、誰が見てもわかるように書くもの。
でも、それじゃ本来の研究の魅力が損なわれてしまう気もする。

もともとおれは数学が得意な方ではない。
今に始まったことじゃなく、高校からずっと。
それでもこの最適化の分野は面白い、やってみたいと感じることができた。
それは数式だけですべてを語れるところに魅力を感じたから。
日本語なんてなくとも、意味はすべて通じる。問題も解ける。
人間の合理的行動なんて、そのほとんどは数式だけで表現できる。 
ナップサック問題をはじめとして最短経路探索とかも数式のみで問題を定式化できる。

もう一つの魅力は無限の広がりとでもいったところ。
巡回セールスマン問題みたいに膨大な計算量とか。
それも最適化の一つの魅力。

こんなページがありました。巡回セールスマン問題についてとてもわかりやすく
書いてあったので紹介させていただきます。
巡回セールスマン問題
難問のリンクから解説に進むことができます。
知らない人からメール着。どちらさまかと聞き返しても、返事は来ず。
高校の同級生から2日は行ったかと聞かれるも、そもそもそんな話は聞いていないおれ。
OB戦の打ち上げで、バイトの子に声をかけられるも、全く思い出せず。

そんな日々。
2006.01.05 1月1日
大晦日と2日は特に何もしなかったので省略。

1日。
前夜に初日も断念していたので、朝はゆっくり。
昼くらいに家族とともに出発。毎年の久能山参拝。
久能と言えば石垣イチゴ。8キロにわたって250軒のイチゴ農家が並ぶ。
品種は章姫で、甘さはもちろん、1つ15~20グラム程度という大きさも魅力。
イチゴ農家の子供が中学の同級生、なんてことがいくつかあり。
今でも同級生が店に手伝いに立ってたりする。

久能山参拝には1159段の階段をすべて自分の足であがっていく必要がある。
これをいいことに、中学や高校でトレーニングとして使用したこと多。
砂浜を走ってアップ、久能山の階段を5往復、エスパルスの練習場の下で筋トレ
ってのが高校時代の毎年恒例の行事。
久能山の参拝を済ませ、旧清水の市街地へ。
伯父さんに顔を見せて帰宅。この伯父さんが年末年始に会う唯一の親戚。
最後になるだろうお年玉。兄からもらうのは最初で最後。
2006.01.05 12月30日
今回の帰省の一番の目的であるOB戦に参加。最高気温12℃。まずまず。
7時半に家を出て、8時のキックオフに備える。定時に集まるわけもなく。
8時半ころにサッカーを初めて、メインの野球の試合へと。
うちの代は出席率がなかなか良い方で、18人中14人が参加。
試合では毎年のことながら9番ピッチャーで先発。
4イニング投げた後、ライト、センター、セカンドを1イニングずつでフル出場。
その後、13人でなぜか棒倒しを1時間ほど。面白い罰ゲームもないただの棒倒し。
こんなにくだらない遊びなのにこれだけ盛り上がれるのはこのメンバーだからこそ。
これがおれらの代なんだと思う。(なぜか13人であることも含めて)

そして触れたくないと思いつつも、触れざるを得ない夏の大会の話題。
結論は組み合わせに向く。
順当にいけば1回戦から決勝まで優勝候補としかあたらない奇跡的な組み合わせ。
そりゃ会場もどよめくわ。わざわざそんなとこ選ばなくてもいいのに。

中学、高校、大学と野球を続け、改めてこのチームの実力を感じる。
中学時代、県ベスト4まで残ったメンバーだけでも7名。
その他にも選抜に選ばれたメンバーがいたり、知っている顔と名前がズラリと並ぶ。
大学に入ってからも、最初はちーちゃんや平の守備範囲が狭いと錯覚したり。
実力も人間性も持ったチームだったと思う(学力も?)。
それでもこのメンバーとともに野球をすることができたのは自分の誇り。
来年からは約半数が社会人になるけど、こういう機会にはまた集まりたいね。
あけましておめでとうございます。
実家ではインターネットというものは機能しないので、ようやく更新です。
昨日つくばに戻ってきて、さっそく研究室にきた次第です。

さて、先月の報告から。
ユニークアクセス: 762(-146)
トータルアクセス:1391(-136)

リンク元ランキング
1位 heart of circle 80(前月比+13)
2位 onちゃん絵日記 34(前月比-41)
3位 ドラゴンクエスト~Mrの大冒険~ 26(前月比+5)
卒論関連と年末年始でアクセス激減ですね。

... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。